現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

心タンポナーデを呈した癌性心囊水貯留超高齢進行ALK肺癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
50699_13
著者:
葛 西  傑ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2018年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Summary
 Here we report the case of an 88-year-old female with serious respiratory discomfort who exhibited significant heart enlargement and left pleural effusion in her chest X-ray. She developed cardiac tamponade with massive pericardial effusion, and the cytological analysis and diagnostic imaging revealed adenocarcinoma of an unknown primary site. Although supportive care was offered, due to her super-age and malignant pericardial effusion presenting cardiac tamponade, she and her family requested a detailed examination and active treatment. She was enrolled into our medical oncology department, and we immediately performed a cell block cytological examination procedure and drained the pleural effusion. The immunohistochemical and FISH analyses revealed anaplastic lymphoma kinase(ALK)-rearranged non-small cell lung cancer. An ALK tyrosine kinase inhibitor, alectinib, was administered and resulted in a prompt and effective improvement in clinical outcome. This case indicates that we should attempt to achieve an accurate diagnosis, even when patients are super-aged and exhibit serious progress disease conditions. The pleural effusion cell block analysis may be highly useful for the prompt and precise diagnosis of malignancies.

要旨
 症例は88歳,女性。X年7月より労作時の呼吸苦を自覚し症状悪化のため近医を受診した。胸部X線上,著明な心拡大と左胸水貯留を指摘され,当院循環器内科に紹介となった。入院後,経皮的心囊穿刺細胞診により腺癌と診断されたが原発巣の同定は困難であった。年齢,心タンポナーデを呈す癌性心囊水貯留があることから,予後不良と判断されBSCの方針となった。しかし患者本人ならびに家族から精査加療の希望があり,当科転科となった。直ちに左胸水からセルブロックを作製し,病理組織化学的検査にてALK陽性肺腺癌と診断された。performance status(PS)3まで悪化進展した病態は,ALK阻害薬導入により速やかに改善した。治療開始後1年経過した現在も通院加療中である。高齢で心タンポナーデを呈した癌性心囊水貯留例といえども,侵襲に考慮しつつ病態の解明を図ることの重要性が強く示唆された。また,セルブロックを用いた迅速な解析は正確な診断に非常に有用と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 45巻11号 2018年11月号トップへ

【症例】

▶心タンポナーデを呈した癌性心囊水貯留超高齢進行ALK肺癌の1例 葛西 傑ほか

このページの先頭へ