現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

直腸癌手術とQOL

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
51078_13
著者:
森谷弘乃介ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2019年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.12MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Summary
 Standard treatment for low advanced rectal cancer is total mesorectal excision(TME)plus bilateral pelvic lymph node dissection in Japan. It has been expanded sphincter-preserving rectal surgery due to improvement of surgical procedures for rectal cancer. However, autonomic nerves are close to rectum, it is important to establish a treatment strategy that is considering the patients of quality of life(QOL)after rectal cancer surgery. Here, we investigated the frequency and how to deal with dysuria, sexual dysfunction, defecation dysfunction and stoma related complications after rectal cancer surgery. It is considered that it is more important to increase the number of patients with rectal cancer, especially of elderly patients, to evaluate the preoperative function of each patient and select individual treatment based on the progress of the cancer.

要旨
 本邦における下部進行直腸癌に対する標準治療はtotal mesorectal excision(TME)+両側側方郭清であるが,直腸癌に対する手術手技の向上により肛門温存手術の適応が拡大されるようになってきた。しかし直腸には自律神経が近接していることから,直腸癌術後のquality of life(QOL)に配慮した治療方針を立てることが重要である。ここでは直腸癌術後のQOLに関わる排尿障害,性機能障害,排便障害およびストーマ関連合併症についてその頻度と対処方法を検討した。各患者の術前機能評価や癌の進行状況に基づいた患者個別の治療選択をすることが,直腸癌患者の増加や高齢化ではいっそう重要であると考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 46巻6号 2019年6月号トップへ

【特集】癌治療とQOL

▶直腸癌手術とQOL 森谷弘乃介ほか

このページの先頭へ