現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

消化器がん化学療法の副作用における人参養栄湯の効果

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
51086_13
著者:
福原研一朗,枝川永二郎,西岡 孝芳,新庄 幸子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2019年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Summary
 The effect of Ninjinyoeito on reducing adverse reactions during chemotherapy for gastrointestinal cancer was investigated. Patients suffering from“fatigue”after undergoing chemotherapy for gastrointestinal cancer between January and April 2017 were investigated. The subjects were divided into two groups; Ninjinyoeito(treatment group)and a control group. Patients were examined at the initiation of treatment and 12 weeks after treatment, and then subsequently evaluated in the form of an interview sheet to establish physical symptoms and CTCAE v4.0. Treatment and control group comprised 24 and 9 cases, respectively. Cases where both the score of“fatigue”and proportion of patients with a score of over 2 improved were found only in the treatment group. Although numbness of hands and feet deteriorated, there was no significant difference in the proportion of patients with a score of over 2. In the assessment of CTCAE v4.0, only cases in the treatment group showed improvement of“fatigue”and proportion of patients with a score of over 2 before and after treatment. Although there was no significant difference in“peripheral neuropathy”between the two groups, patients with a score of over 2 in the treatment group showed an improvement. Our results show Ninjinyoeito helps to alleviate the symptoms of patients who had undergone chemotherapy for gastrointestinal cancer. Thus, treatment with Ninjinyoeito may contribute to enhancing the continuity of medical care and improving the prognosis of chemotherapy.

要旨
 消化器がん化学療法中の人参養栄湯の副作用軽減効果を検討した。2017年1月~4月までに消化器がんに対するがん化学療法を受け,「疲労感」を有する者を対象とした。人参養栄湯投与群(投与群)と対照群に分け,投与開始前と12週間後に調査,身体症状に関する問診票調査とCTCAE v4.0で評価した。投与群24例,対照群は9例である。投与群のみで「疲労感」のスコア,スコア2以上の割合は改善,「手足のしびれ(末梢神経障害)」は悪化したがスコア2以上の割合に差はなかった。CTCAE v4.0の評価では投与前後で「疲労感」は投与群のみで改善,スコア2以上の割合も改善した。「末梢神経障害」は両群ともに変化はないが,スコア2以上の患者では改善傾向にあった。消化器がん化学療法中患者では人参養栄湯投与による症状改善効果があり,化学療法の継続性向上や予後向上に寄与できる可能性が期待された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 46巻6号 2019年6月号トップへ

【原著】

▶消化器がん化学療法の副作用における人参養栄湯の効果 福原研一朗ほか

このページの先頭へ