現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

進行非小細胞肺癌に対する二次治療以降でのドセタキセル+ラムシルマブ併用療法の安全性確保に関する検討

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
51087_13
著者:
高瀬美咲枝ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2019年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.89MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Summary
 With the standpoint of refining the chemotherapy regimen, we retrospectively reviewed adverse events encountered by the initial 10 cases during the first course of docetaxel plus ramucirumab for non-small-cell lung cancer that progressed after platinum-based chemotherapy. Febrile neutropenia(FN)was observed in 40% of cases, and a half of all patients experienced oral mucositis, including 2 Grade 3 cases. These results were concordant with a previous randomized phaseⅡ study on Japanese patients. We amended the treatment regimen by adding the prophylactic use of pegfilgrastim. Post-amendment, FN was not observed in all 10 cases. However, the frequency and severity of chemotherapy-induced oral mucositis were not affected; Therefore, some patients discontinued treatment due to this toxicity as well as diarrhea. In conclusion, prophylactic granulocyte-colony stimulating factor is considered effective for reducing the risk of FN. Further intervention by an oral care team is required to validate our findings.

要旨
 レジメン管理の見地から,ドセタキセル+ラムシルマブ併用療法(DocRam)の初期適用10例における1コース目の毒性を調査した結果,40%に発熱性好中球減少症(FN)の発現がみられ,口腔粘膜炎も高頻度であった。日本人を対象とした既報でも同様な傾向がみられたことから,DocRamの支持療法にpegfilgrastimの予防的投与を組み込むレジメンに改訂した。改訂後の10例においてはFNの発現はなく,granulocyte-colony stimulating factor(G-CSF)の予防的投与はFNリスクの低減に有用と考えられた。一方,口腔粘膜炎は依然高頻度で下痢とともに治療中止の原因となっており,今後は口腔ケアチームの介入が必要と思われる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 46巻6号 2019年6月号トップへ

【原著】

▶進行非小細胞肺癌に対する二次治療以降でのドセタキセル+ラムシルマブ併用療法の安全性確保に関する検討 高瀬美咲枝ほか

このページの先頭へ