現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

多発腋窩リンパ節転移を伴ったHistiocytoid Breast Carcinomaの1例

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
51089_13
著者:
寺川 裕史ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2019年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.39MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Summary
 According to previous reports in our country, histiocytoid breast carcinoma is a very rare case of its tissue type, accounting for only 0.3% of all breast cancer cases. We have neither established a diagnostic standard nor a general idea for these tumors. Previously, its inherited pathology was assumed to be a sub-form of invasive lobular carcinoma. However, some researchers indicate the presence of components that are assumed to originate from milk ducts or differentiation in the apocrine gland. In this way, origins of pathologies for these tumors seem to be complex. Previous reports suggest cases of relatively long survival times without spreading to distant sites. Recently, we encountered one case of histiocytoid breast carcinoma accompanied by multiple axillary lymph node metastases.

要旨
 histiocytoid breast carcinomaは,本邦の報告では全乳癌の0.3%とされている非常にまれな組織型であり,確立された診断基準や腫瘍概念が存在しない。その発生母地となる病態としては浸潤性小葉癌の亜型とされていたが,乳管由来と思われる成分やアポクリンへの分化を認める報告もあり,本腫瘍の発生母地となっている病態は多岐にわたる。本邦の報告例では比較的長期生存し遠隔転移を認めない症例がみられたが,今回われわれは,多発腋窩リンパ節転移を伴ったhistiocytoid breast carcinomaの1例を経験した。今後症例を蓄積し,その分類や臨床的特徴などを確立することが必要であると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 46巻6号 2019年6月号トップへ

【症例】

▶多発腋窩リンパ節転移を伴ったHistiocytoid Breast Carcinomaの1例 寺川裕史ほか

このページの先頭へ